毎年行っているアレルギー対策はなに?

年々患者が増えてきているアレルギー。そのアレルギー対策は皆さんなにをしているでしょうか?メジャーなアレルギー対策からマニアックなアレルギー対策まで紹介していきますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

アレルギー対策、じんましんとIGE値について

全身にポツポツと発疹が出て痒みも強いじんましんは、大人でも子どもでも辛いものです。

じんましんは、I型と言われるアレルギーで、即時性のものです。
発疹を見れば、診断は困難ではありませんが、I型アレルギーには気管支喘息やアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、薬剤アレルギーなどもあります。
これらが重複したり潜んではいないか、これらの症状としてじんましんが出ているのではないか、といった見極めやアレルギー対策も重要です。

そのため、アレルギーの詳しい検査をすることも多いです。
検査には、次のようなものがあります。

採血をしてIGEの数値を調べる、RISTと呼ばれる検査は非常によく行われます。
痰や鼻水に含まれる好酸球の比率を調べたり、好酸球由来の蛋白(ECP)を測定します。
RASTと言って、特定のアレルゲンに対するIGE値を測定し、アレルギーの犯人を突き止めます。
スクラッチテストと言って、皮膚に針で傷をつけ、そこに班員と思われる抗原液を垂らし、反応を見たり、抗原液を皮内注射して反応を見たりもします。

時には、アレルギーの原因になっていると思われる食物を実際に食べてみてどのようになるか調べる、誘発テストという検査を行うこともあります。
もちろん、この検査を行う時はリスクもありますので、万が一重篤な症状が出た時に備えて、必ずすぐに対処できるように薬や処置に必要なものを準備した上で、医師が傍について実施される検査です。

これらの検査で難しいのが、IGEの値が低いからと言って、必ずしも症状が軽いわけではないということです。
IGEの値と症状の重さは、必ずしも相関しません。

そのため、検査データだけを見ていたのでは、充分なアレルギー対策にはならないのです。

IGEなどの検査データと問診などを組み合わせてアレルギー対策を行います。患者さんも、問診の際は情報提供にご協力をお願いします。