毎年行っているアレルギー対策はなに?

年々患者が増えてきているアレルギー。そのアレルギー対策は皆さんなにをしているでしょうか?メジャーなアレルギー対策からマニアックなアレルギー対策まで紹介していきますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

里芋アレルギーはアレルギー発症抑制の対策を

里芋のアレルギーを持っている人は意外と多いとされています。
里芋のアレルギーは里芋を食べた時に口とその周りがかぶれたり、ヒリヒリして痛くなったりする他に、目や粘膜が腫れたり、背中などに発疹が出るなどの症状が起こるものです。
里芋のアレルギーを持つ人は山芋もダメであることが多く、とろろそばを食べて全身に発疹が出るなどの体調不良を起こさないためにも、里芋アレルギーがわかっている人は山芋の料理も避けた方が無難です。
このような食物によるアレルギーは、軽度から重度まで人によって症状のきつさが異なり、体調が悪い時だけアレルギー症状が起こるという人もいます。
アレルギー対策には、自分が何に対してアレルギーを持っているのかを知って、その物質をなるべく避けるのが一番の方法となります。
食物によるアレルギー対策では、病院でアレルギー検査を受けてその結果を元に料理方法を変えるなどの、生活上の工夫で健康を守ることが出来ます。
例えば、卵アレルギーの人でも検査結果によっては、生卵は無理でも過熱すれば食べられるというケースがあります。
また、アレルギー対策には普段の食生活で、アレルギー発症抑制の効果を持つ乳酸菌が含まれたヨーグルトなどを食べておくことで、アトピー性皮膚炎や花粉症などの症状を和らげる効果が期待出来ると言われているので、アレルギーに悩まされている人は試してみるのがおすすめです。
他にも、茶に含まれるカテキンにはアレルギー発症抑制効果があるとされており、べにふうき緑茶が特にアレルギー対策のために飲むのに適していると言われています。
それから、アレルギーを抑えるにはストレスを溜めないことや、睡眠不足の解消などで体調を整えておくことも大切です。
近年では医学界でアレルギー発症抑制分子の発見やその研究も進んでいるとされていますので、アレルギーの治療法はこれから有効な方法や薬が登場してくることが予想されます。